ごあいさつ医院紹介診療案内ご予約ホーム

治療の流れ口臭について新しい院内感染対策歯科検診のすすめオールセラミックノンクラスプデンチャー予防歯科顎関節症



ノンクラスプデンチャー1”ノンクラスプ”すなわち金属のバネの無い入れ歯です。フレキシブルデンチャーとも呼ばれています。
歯を固定する装置と床の部分が同一素材で作ることができるため、シンプルで審美性に優れています。

素材はプラスティック系のナイロン素材です。半透明で歯ぐきの色調と同化します。軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。

日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があり、材質もFDA(食品衛生医薬局)に認可されています。

    

ノンクラスプデンチャー2   ノンクラスプデンチャー3

透明感があり、割れません。結構、力を入れて曲げています。くにゃくにゃで物が噛めないということは有りません。


入れ歯を使用していることが他人から見てもわかりにくい。

  • 床の部分が薄く作れるため、装着感が良好。
  • 固定する部分と床が一体のため、適合に優れ、入れ歯が安定してよく噛むことができます。また、食べ物が挟まったりもしません。
  • 金属バネを使わないため、残っている歯を痛めることが少ない。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 破折に強く、割れたり折れたりしません。

      ※自費診療のみになります。

従来の入れ歯


従来の金属を使用した入れ歯

 


ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー。透明感があり、歯ぐきの境目が目立ちません。

 

 

吸着を利用して安定を図る総義歯は材質的に不向きです。

 

※上記の写真は症例ごとの個人差がありますお気軽にご相談ください。

上に戻る


イーストデンタルクリニック  名古屋市千種区東山通5丁目112番地   TEL 052-782-8680